記事一覧

使いやすいキッチン~ワークトライアングル

アップロードファイル 101-1.jpg

使いやすいキッチンにするには、
シンク、コンロ、冷蔵庫の位置関係が
重要なポイントとなります。

シンクとコンロ、コンロと冷蔵庫、冷蔵庫とシンクの
それぞれの中心を結んだ線がつくる三角形を
「ワークトライアングル」と呼びますが、
この三角形の三辺の合計が
3.6m~6mの間に収まれば、
効率のよい、使いやすいキッチンと言えます。

残念ながら、このサイズにならない場合、
移動可能な冷蔵庫を動かします。
たとえば、ワークトライアングルが3.6m以下の場合、
思い切って冷蔵庫をキッチンの外に出します。
逆に、ワークトライアングルが6m以上の場合、
冷蔵庫をできるだけ
シンクとコンロのそばに寄せることを考えます。

この”ワークトライアングルの法則”で
キッチンが驚くほど使いやすくなりますよ☆

近藤典子Home&Life研究所