記事一覧

キッチンに常備しておきたい”重曹”

アップロードファイル 119-1.jpg

キッチンに常備して欲しいもののひとつが”重曹”。
通称「重曹」、正式名「炭酸水素ナトリウム」は
キッチンでは何かと便利に使えます。

まず、ニオイの染み付いたタッパウェアやお弁当箱は
重曹を溶かした水につけておくとニオイが消えます。
油料理をしたあとの流しや排水口、ゴミ箱に重曹を振りまくと、
ぬめり防止はもちろん、
キッチンの嫌な臭いも消臭してくれます。

また、その発泡作用を利用して
スプーンやフォーク、銀食器をピカピカにすることもできます。
やり方は、重曹に熱いお湯を注いで、
そこにスプーンやフォークなどの銀のカトラリーを浸けて置くだけ。
しばらくすると重曹が発泡し、こすり洗いもせずに
銀製品がぴかぴかに輝き出します。

また、中が洗いにくい”とっくり”などの洗浄にも便利!
とっくりの中に重曹をいれ、そのあとお湯を注ぐと
シュワシュワ発泡し、汚れを浮かせてくれます。

ほか、焦げ付いたお鍋に重曹と熱湯を入れて一晩おいておくと
翌日、焦げが簡単にとれたり、
急須やコーヒーカップなどについた茶渋落としや、
お皿の油汚れにも、洗剤代わりに使えます。

他、おもしろい使い方としては、
虫刺されされた場所に、ペースト状にした重層を塗ると
ピタッとかゆみがとれるそう。
(スタッフ・ゴーより情報)

また、同じくペースト状にした重曹を
キッチンの水あかの上で丁寧にこすると
水アカが綺麗にとれるそうです。
(スタッフ・ミズより情報)

近藤典子Home&Life研究所