記事一覧

畳のお手入れ方法

アップロードファイル 95-1.jpg

畳のお手入れは、
「掃除機かけ」と「乾拭き」が基本!

掃除機かけはまず、
畳の目に沿ってホコリを吸い取り、
縁の部分は細いノズルを使うのがコツ。

それでも汚れが気になる場合は”雑巾”の出番。
ただ、ぬれ雑巾で拭くとさっぱりする反面
水拭きでイグサの表面の保護膜がはがれて弱くなり
畳の毛羽立ちや劣化の原因になります。

そこでおすすめなのが、”少し”湿った雑巾。
乾いたタオルの3分の1をぬらしてしっかり絞り、
ぬれた部分を内側に織り込んで3つ折りにします。
こうすれば、イグサの保護膜に余分な水分を残さず、
汚れを効果的にふきとることができます。

どうしても洗剤を使わなければならない場合、
洗剤を表示どおりに薄めて使用したあと、
必ず水拭き、そして乾拭きをしてください。
でも、洗剤を使うのは、
年に1度ぐらいにしておくのがベストです☆

近藤典子Home&Life研究所