記事一覧

子供に掃除する気にさせる!

アップロードファイル 98-1.jpg

私は片付けに入るときに、まず”モノ”を
「いる」「いらない」「とりあえず」に分類することを
お勧めしています。

しかし、目の前にあるもの全てが
”必要なモノ”である子供の場合、
「いる、いらない」を聞くのはナンセンス。
そこで、ちょっと頭をひねって
こんな尋ね方をしてみましょう!

「このぬいぐるみ、かわいい順に並べてみて」
「このおもちゃ、気に入ってる順に並べてみて☆」

そして、おもちゃ箱に入りきらないモノは
最後尾から減らしてゆけばいいのです。

また、机のそばに、小さなホウキとチリトリをかけておいて
消しゴムのカスやおやつの食べこぼしなど、
子供が自分で掃除できるようにしておきます。
日を決めて、整理、掃除、ゴミ分別など
いくつかの項目に分けてチェックして、
OKだったら、カレンダーに合格シールを貼って
思いっきり褒めてあげましょう☆

近藤典子Home&Life研究所