記事一覧

土鍋のお手入れ

アップロードファイル 182-1.jpg

寒い日に、「鍋」を囲んで団欒をとると
カラダばかりでなく、心までポカポカあたたかくなります~
また「鍋」料理は、誰でも手軽にできてしまうので
まさに寒い季節の主役!と言えますね。

今回はその土鍋のお手入れ法についてです。

買ってきたばかりの土鍋は、ざっと洗った後、
米のとぎ汁などで一度煮て、一晩ぐらい寝かせます。

これは「慣らし」と言って、洗い瀬戸物の肌を
目詰まりさせ、整える効果があり、
また、においなども防ぎます。

土鍋を使うときは、外側の水気をよく拭き取ってから
火にかけましょう。

使い終わったら、土鍋が冷めるのを待ってから洗うのが基本。
土鍋は温度変化に弱いので、急に流しで水につけるのは厳禁。
また、長く洗剤につけておくと、洗剤まで吸い込んでしまうので
注意が必要です。

使い終わったらしっかり乾かすのがポイント。
2~3分空焚きすると、カビの防止にもなりますね。

ゴミ袋はどこにしまう?

皆さんは、よく使われる”ゴミ袋”を
どこにしまっていますか?

キッチンのシンク下、ガス台下のキャビネット
食器棚の引き出し、パントリー・・・
収納場所はいろいろありますが、
あまり目立つ場所ではなく、
しかし毎日使うものなので、
すぐに取り出せる場所がいいですね。

アップロードファイル 168-1.jpg

我が家では、ゴミ袋のストックは
”ゴミ箱の底”に入れています。
こうしておくと、次のセッティングが
とてもラクなんです。

アップロードファイル 168-2.jpg

ただし、万一の水漏れを防ぐために
ストックのゴミ袋の上に、新聞紙を置いておきます。

炊飯器のお手入れ

アップロードファイル 149-1.jpg

毎日使うキッチンのマストアイテム”炊飯器”は
内側や蒸気口に
ごはんから出たデンプンがよくこびりつきます。

これは、炊飯器を使ったあと
あたたかいうちに
布巾でサッとふくだけでキレイになりますが、
かたくなってしまったデンプンには、
以下の方法でお手入れしましょう。

まず、蒸気口のデンプンには
竹串にペーパータオルを巻いて水に浸し、
これで汚れを柔らかくしてから
こそげとってください。

炊飯器の内側は、内釜をはずしてから
お湯で絞った布巾で拭いたあと乾拭きし、
炊飯器外側は、表面を傷つけないよう水拭きと乾拭きをします。
外側に汚れがない場合、
消毒用エタノールで拭くだけでも大丈夫です。

近藤典子Home&Life研究所

オーブントースターのお手入れ

アップロードファイル 147-1.jpg

キッチンの中で、
汚れが目立つ家電のひとつが”オーブントースター”。
パン屑などが、高温のオーブンの中で焦げ付いて
すぐに黒ずんでしまいます。
そしてこれは、見た目だけではなく
大変危険でもあります。
小まめにお手入れしてあげましょう。

まず、トレーや焼き網ははずして
台所用洗剤につけておきます。

庫内の壁についた食品のカスは、
歯ブラシなどでざっと落とし、
底フタが開けば、そこから出し、
底が開かない場合は、トースターを逆さにして落とします。

ガラス管のヒーターの汚れは、
ペーパータオルに薄めた台所用洗剤を含ませ
巻きつけてシップします。
(ガラス管が割れたら危険ですので無理にこすらないで下さい)

お湯でしぼったナイロンたわしで庫内の汚れをとったら、
そのあと布巾でお湯拭きして乾拭きし、
同様に、ガラス管のシップをとったら
こちらも布巾でお湯拭きして乾拭きします。
このとき、水分が残ったら危険ですので、
特にヒーターの両側は、充分乾拭きしてくださいね。

トースターの外側は、台所用中性洗剤で拭きますが、
汚れがひどいときは住居用洗剤で拭き、
こちらもお湯拭きと乾拭きで仕上げます。

最後に、スポンジや歯ブラシで洗ったトレーや焼き網を
庫内に設置して終了です。

近藤典子Home&Life研究所

冷蔵庫の中にカビ?

アップロードファイル 143-1.jpg

冷蔵庫のような、常に低温の場所は、
カビとは無縁だと思っていませんか?

実は、マイナス10度前後でも発育する
低温を好むカビがあるんです。
この低温カビ、空気中に浮遊しているばかりでなく、
食品についていることも多いので
気づいたら冷蔵庫にしまっておいた野菜や果物にカビが・・
ということも少なくないと思います。

さて、この低温カビを予防するには、
食品の詰め込みすぎをひかえ、
定期的に冷蔵庫内を、
重曹水(1リットルの水に重曹大匙1を溶かす)か
台所用洗剤で拭き掃除するのがベスト。

もし、カビが発生してしまったら、
カビが生えた食品を処分するのはもちろん、
これ以上カビの胞子を他の食品に付着させないため
台所用塩素系漂白剤を表示どおりに薄めた液でタオルを湿らせ
冷蔵庫内を拭いて殺菌します。
その後、水拭き、からぶきをし、
さらに、消毒用エタノールでダブル殺菌すれば安心です。

ジメジメした梅雨期、
冷蔵庫の中に入れているから安心!と思ってはいけません~

近藤典子Home&Life研究所

ページ移動