記事一覧

あまった石鹸をどうしてますか?

アップロードファイル 132-1.jpg

最近は、ポンプに入った液体石鹸が人気ですが、
私は、置いておくとほのかに香りが広がる
”固形石鹸”が大好きです☆
特に、強い香りの外国の石鹸は”香水”のよう。
洗面所が、いい香りに包まれます。

しかし、おろしたてや新しいうちはいい香りでも
古くなるとその香りも失せてくるのが
”固形石鹸”の残念なところ。
そんな石鹸たちを、もう一度再利用してみませんか?

たとえば、使い古しの石鹸をクッキー型でくりぬいて
ガラス器などに入れてあげれば、
インテリアにもなるかわいい芳香剤になります。

また、カッターで薄く削って和紙や布で包み
タンスに入れておけば、消臭になります。

余った石鹸を集めてストッキングに入れ、
それを洗濯ネットに入れれば
お風呂や洗面器の掃除に利用できます。

小さく残った石鹸をまとめ。
耐熱容器に入れて電子レンジでチンすれば
使いやすい大きなサイズの掃除用石鹸になります。
※電子レンジでおおむね柔らかくなったら
レンジから出して自然放置すればできあがり。

ほか、おもしろい使い方としては、
σ(^_^)ワタシのように下半身が豊かで
ジーンズの内股部分が磨り減ってしまう方。
その内股部分に石鹸を塗っておくと
すべりがよくなって磨り減りにくくなります。
また石鹸は、靴ずれ防止にもいいですね。。

ほか、石鹸の使い方のアイデアがあったら
どうぞ教えてください~

病院へお見舞いへ行くときのマナー

アップロードファイル 123-1.jpg

病院へ、入院中の方のお見舞いに行くときは
ご家族の方に容態などを聞いておくのはもちろんですが、
行く時間、持っていくお見舞いの品などにも
少し注意が必要です。

お見舞いは、面会時間中というのが大前提ですが
午前中は検査などが多く、
また夜はご家族がいらしたり、プライバシーもあるので
私は昼食後の昼下がり、
1時から3時頃にうかがうようにしています。
そして、面会は、
あまりダラダラと長居をしてしまうと
病人を疲れさせてしまうので
30分ほどで切り上げてくるように心がけています。

お見舞いの品は、「花」を持っていくのが一般的ですが
鉢物は「根がつく」(=入院が長くなる)という意味合いから
嫌われます。
切花か、フラワーアレンジメントがいいでしょう。

そのほか、本やゲームなどの入院生活で楽しめるもの
タオルやスリッパなどの必需品、
また、比較的親しい人には、
気持ちが明るくなる色合いのパジャマなどはいかがでしょう?
また、入院中は
売店で週刊誌を買ったり飲み物を買ったり
なにかと小銭が必要です。
10円や50円や100円玉を、
綺麗な缶や瓶に入れてリボンをかけて差し上げてもいいですね。

近藤典子Home&Life研究所

おひな様のお手入れ

アップロードファイル 111-1.jpg

3月3日は”ひな祭り”。
私は三人姉妹で、女の子ばかりの家に育ったので
この”ひな祭り”は我が家の大イベント!
あのワクワク感は、今でも忘れられません。

さて、ひな祭りから1夜明けたおひな様は
また1年の眠りにつきます。
来年も、綺麗な姿でご対面できるよう
必ずお手入れをして、しまいましょう。

【おひな様のお手入れ方法】
1.なるだけ風通しのよい部屋で
午前10時~午後1時の湿気の少ない時間帯に行います。

2.できれば新品の毛筆用筆を用意し、
人形の細かい部分のホコリを軽く払います。
筆で落ちない汚れは、綿棒にガーゼを巻いて軽くこすります。
(くれぐれも水はつけないように。落ちない汚れは専門家に!)

3.人形の顔や手などの白い部分を脱脂綿で軽く包みます

4.人形全体は白い紙で包みます

5.最後に人形専用の防虫剤を入れて箱に保管します。

近藤典子Home&Life研究所

写真の整理方法

アップロードファイル 83-1.jpg

最近は、デジタルカメラの普及で
写真の保管環境も変わってきましたが、
プリントする写真もまだまだ人気があります。

さて、昔撮ったプリント写真、
いつか整理しなければ・・・と思いながら
ラボ屋さんの袋などに入れっぱなしにしていませんか?
これでは、せっかくの思い出の記録が台無しです。
この機会に、これまでの写真を整理してみましょう!

近藤流写真整理術のコツは
美しく写っているものだけを残すこと。
髪ボサボサだったり、目が半開きだったりするものは迷わず処分。
孫やひ孫の代で見られても、恥ずかしくないものだけを残しましょう。

さらに、ピンぼけ写真はもちろん
同じような風景やポーズの写真も処分の対象です。
風景写真は、場所が特定できないものは処分です。

ほか、記憶にない人の写真、
いつか人にあげようと思っていた写真、
焼き増しを頼まれて渡しそびれた写真・・
見返えしてみると、必要のないものがけっこうあるはず。
これらを処分し、必要最低限にセレクトします。

そして整理のときは、
”新しい写真の方から整理すること”
比較的最近撮った写真なら、
処分するのもそれほど惜しくなく
作業は楽しくトントンとすすみます。
そして弾みがついたところで、
少しづつ過去のものに手をつけていけば
作業もつらくないと思います。

ぜひやってみてくださいね。

※「近藤典子の暮らしのアイデア100ファイル」218Pに掲載

近藤典子Home&Life研究所

気分一新、部屋の香りをフレッシュアップ!

アップロードファイル 65-1.jpg

気分をリフレッシュしたいときや、
お客様を迎えるとき。

柑橘系のフルーツの皮をむいて少しおいておくと
部屋中にフルーティーな香りが広がり、
爽やかな気分になれます。

お客様も気持ちよく迎えられますよ☆

近藤典子Home&Life研究所