記事一覧

1ヶ月に1度の”自分デー”

アップロードファイル 103-1.jpg

我が家では、1ヶ月に1度
”典ちゃんデー”&”夫の日”があります。
決まりは、その日はどんなことでもお望みどおり
絶対相手に逆らわないこと!

たとえば”典ちゃんデー”では、
私が買い物に行くときは夫はアッシー君に徹し、
私が友達と遊びに行くときは
夫に掃除や植木の水遣りを頼んで出かけます。

もちろん、”夫の日”には
私がメイド精神を発揮!
不思議なことに、この取り決めの日は、
普通だったら腹の立つようなことを言われても
何だか楽しくなります。

そしてその日の夜は、外で食事をとりながら
「お疲れ様、ありがとう」で締めくくりを。
この日があることで、
なんとなく過ぎてゆいく1ヶ月にメリハリが出て
夫とも、新鮮な気持ちで
時間を共有する機会を持つことができます☆

近藤典子Home&Life研究所

”たこ焼き機”はパーティーの盛り上げ役!

アップロードファイル 81-1.jpg

我が家には、本物のお店で使う
本格的”タコ焼き機”があります。
これがホームパーティーを開くときに素晴らしく重宝!
パーティーの”盛り上げ役”&”思い出作り”を
してくれます。

以前した「ロシアンルーレットたこ焼き」では、
具に甘いものを入れて驚かそうとしたら
たこ焼きが糖分で真っ黒になってひと目で見破られたり、
わさびを入れすぎて、食べた人が早退してしまったり・・
そんな失敗もありましたが、今ではいい思い出(笑)

みんなでワイワイと料理に参加できるアイテムがあると
パーティーは断然楽しくなります!

※ちなみに、関西人には当り前のことなんですが、
関東でたこ焼きを焼くと、
ものすごい尊敬の眼差しで見られるんです。
ピックの使い方がプロ級だと・・
特技の見せ場が持てて
私としては嬉しいところ(笑)

近藤典子Home&Life研究所

ホームパーティーを”メニュー”で楽しく演出

アップロードファイル 76-1.jpg

ホームパーティーを開くとき
ホテルやレストランさながら、
”本日のメニュー”など作ってみるのは
いかがでしょうか?

料理は並でも?
もっともな名前がついていれば、
お客様も何となくその気になってくれると思うし(笑)
もてなす側も、ただ漠然と料理を作るより、
断然作り甲斐が出てきますよ!

※「近藤典子の暮らしのアイデア100」208Pに掲載

近藤典子Home&Life研究所

マニキュアで”自分印”

アップロードファイル 72-1.jpg

パーティーもたけなわになってくると
テーブルの上が散乱し
自分が使っていた食器やコップがどれなのか
見分けがつかなくなることってありませんか?

そんな時のために、
いろいろな色のマニキュアを用意しておいて、
各自のお皿やコップの端に
あらかじめ”自分印”をつけてもらいます。
そうすると皆、
自分の使っている食器を見失うことがないし、
なによりも、童心にかえって楽しめるのが嬉しいです☆
(マニキュアは除光液で簡単に落とせます)

※「近藤典子の暮らしのアイデア100ファイル」208Pに掲載

近藤典子Home&Life研究所

クイックおもてなし料理その1 「ちらし寿司」

アップロードファイル 41-1.jpg

ホームパーティーに出す料理は
味ばかりでなく、見た目の華やかさも重要なポイント。
おいしくって、豪華な料理なんて私には出来ないわ~
という方、いえいえ、
簡単で見た目ゴージャスな料理があるんです。
それが「ちらし寿司」。

作り方は簡単。
市販のちらし寿司の素を買ってきて
ご飯に混ぜるだけ(笑)
ただ、盛り方にひと工夫すればOK!

私は、姪の友人や子供が来るようなときは、
ケーキ型を使って形を作り、
金糸タマゴや紅しょうがなど色鮮やかな食材をのせ
それこそケーキのようにして出します。

アップロードファイル 41-2.jpg

また、大人だけの集まりのときは、
木の型を使い、箱寿司のように長方形に形を整え、
その上に御刺身や大葉などをのせ、
一口大に切り分けてお出しします。

おいしくって簡単で華やかな「ちらし寿司」、
パーティーを開くときは大変重宝しますね☆

近藤典子Home&Life研究所