記事一覧

裏技~柱のクギ穴のふさぎ方

アップロードファイル 176-1.jpg

必要に駆られて、柱にクギを打ってしまい、
お部屋の模様替えや引越しの際に
「あらら、この穴、どうしよう・・」ということ、
ありませんか?

そんな時、クギ穴を目立たなくする
お手軽な裏技があります。
使うのは「爪楊枝」。

クギ穴に爪楊枝を差込み、かなづちで軽くたたき、
楊枝が飛び出ている部分を、
カッターを柱に沿わせてカットします。

次に、サンドペーパー(400から500番)をかけて
柱と爪楊枝の部分を平らにし、
色味が気になる場合は、絵の具やクレヨンで着色します。

これでクギ穴は、
ほとんど目立たなくなると思います。

ぜひ、やってみて下さい。

シーツの枚数

アップロードファイル 170-1.jpg

皆さんは、
”シーツ”を何枚ぐらい持っていますか?

シーツは、毎日使うものなので
何枚あってもいいわ!と
お中元やお歳暮でもらったモノを
何枚も溜め込んでいる御家庭も少なくないと思います。

私が考える、適切なシーツの枚数は
1人につき”3枚”。

内訳は、使用分が1枚に、洗い替えが1枚
そして不意の事態に備えて予備が1枚の
合計3枚。

これ以上は増やさないのが近藤流です。

すき間時間「15分」の有効活用!!

アップロードファイル 169-1.jpg

「ここの汚れが気になる」「あそこも掃除しなきゃ」

気になるところは色々あるのだけど、
結局今日も何もできなかった・・・

こんな日々とさよならするために
毎日できる”すき間時間”を
利用してみませんか?

”すき間時間”とは、
朝起きたとき、外出から帰ってきたとき
夜寝る前などにできる15分程の短時間のこと。

この15分で、普段気になっていた
家具の後ろに溜まったホコリをとったり
ガラスを磨いたり、
冷蔵庫をきれいに整理したりすることができます。

そして15分のうち
最初の5分は作業のためのウォーミングアップ、
次の5分はリズムに乗って実行
最後の5分はクールダウンに~と使うと
無理することなく、習慣化できますよ。

一番大切なのは、
嫌になるまでやらないこと!

塵も積もれば山となる「すき間時間」で
家の中の気になる場所を
今度こそキレイにしてみませんか?

ゴミ袋はどこにしまう?

皆さんは、よく使われる”ゴミ袋”を
どこにしまっていますか?

キッチンのシンク下、ガス台下のキャビネット
食器棚の引き出し、パントリー・・・
収納場所はいろいろありますが、
あまり目立つ場所ではなく、
しかし毎日使うものなので、
すぐに取り出せる場所がいいですね。

アップロードファイル 168-1.jpg

我が家では、ゴミ袋のストックは
”ゴミ箱の底”に入れています。
こうしておくと、次のセッティングが
とてもラクなんです。

アップロードファイル 168-2.jpg

ただし、万一の水漏れを防ぐために
ストックのゴミ袋の上に、新聞紙を置いておきます。

階段室をセンスアップする”ニッチ”

アップロードファイル 166-1.jpg

我が家では、地下1階から地上3階まで
階段が続きますが、
階段室の壁にはくぼみ(ニッチ)を作り
そこに飾りモノをレイアウト。

アップロードファイル 166-2.jpg

この壁のくぼみ(ニッチ)を作ることで
ただ、上ったり下りたりする
機能性だけに傾きがちな空間に様々な表情が生まれ、
階段室がグッとセンスアップします。