記事一覧

ランドリールームの収納

アップロードファイル 36-1.jpg

ハンカチや靴下などを干すための「小物干し」。
出し入れするとき、色々な物に引っかかってイライラしませんか?
そこで、小物干しを縦置きにして仕切りをつけ
1つ1つを独立させました。

作り方は簡単。
ホームセンターなどで
断面がコの字型になった「チャンネル」という素材を、
任意の長さに(棚の奥行きに合わせて)切ってもらいます。
これを棚板の上下に強力両面テープで貼り、
コの字の凹んだ部分にアクリル板を通せば出来上がり。
アクリル板はスライドするので、
掃除なども簡単にできます。

この「チャンネル」と「アクリル板」で作る仕切り棚、
他にも色々なシーンで使えますよ。

詳しくは、「近藤典子が建てた家」44Pに掲載。

近藤典子Home&Life研究所

平たい食器類も無駄なく収納

アップロードファイル 34-1.jpg

お盆やトレーなどの平たいものは
重ねて収納せざるをえませんが、
こうすると、取り出すときが大変。
そこで、食器棚の中に
平たいもの用の棚を増やしてみました。

作り方は簡単。
1センチほどの厚みのある板を2枚用意し、
食器棚内側の両端に両面テープで固定。
そこに板をのせただけです。
両側に貼り付けた板の厚みが
ダボ代わりになっているので、
ネジも釘も不要、誰でも作れます。

詳しくは「近藤典子が建てた家」116ページに掲載しています。

近藤典子Home&Life研究所

カトラリーを綺麗に収納

アップロードファイル 33-1.jpgアップロードファイル 33-2.jpg

キッチンの引き出しの”カトラリーコーナー”。
スプーンやフォークなど、入れるものに合わせて
自由にスペースが区切れる優れもの~

作り方は簡単。
片面に溝がたくさんついている「アクリル板材」をハンズで購入。
(約3×30㎝で1枚380円ぐらいでした)
両面テープで向かい合わせに貼り付け、
サイズを言ってカットしてもらった仕切り用アクリル板を
両溝に差し込んだだけ。

詳しい作り方は、「近藤典子が建てた家」118ページで紹介しています。

近藤典子Home&Life研究所

シンクのピカピカ磨き☆

アップロードファイル 32-1.jpg

毎日使うキッチン。
たまには、シンクやワークトップをピカピカに磨き上げて
新品みたいにキレイにしてみましょう。

方法は簡単。
不要なカセットテープやビデオテープのテープを出し
古ストッキングに詰めて結び、
これでキッチンをこするだけ。
少量のクリームクレンザーをつけると、
さらにピカピカ、気持ちいいわよ。

※「近藤典子の暮らしのアイデア100ファイル」89Pに掲載

近藤典子Home&Life研究所

カラーボックスで間仕切り棚

アップロードファイル 31-1.jpg

3段カラーボックス2個で作ってみた間仕切り棚。
裏面に有孔ボードが貼ってあるので
裏から見てもすっきりキレイ。

また、底には家具の滑り材を使い、
移動もラクラクできるようにしました。

作り方は、「近藤典子が建てた家」114Pに掲載しています。

近藤典子Home&Life研究所