記事一覧

布団を干す方法

アップロードファイル 57-1.jpg

天気がよくても、出かける用事があって
夕刻まで布団がとりこめそうもない時は、
残念ながら布団が干せません。
だけどこんな時、
すぐに布団を押入れにしまってはいけません。
掛け布団のみ畳んで、布団は敷きっ放しで出かけましょう。
寝ている間に吸い込んだ湿気が、蒸発します。

また、布団は日光に干すのが一番ですが、
あまり早朝から干すのは逆効果。
どんなに天気がよくても、朝露が残っている時間は避け、
午前10時半頃から午後2時頃までに干し、
午後3時までには取り込みましょう。

※「近藤典子さんの収納で暮らしキレイ」92Pに掲載

近藤典子Home&Life研究所

不便なモノ、使わないモノは思い切って処分!

アップロードファイル 38-1.jpg

不便なモノなのに、使わないモノなのに、
捨てられないモノが
身の周りにあふれていませんか?
いただいた物や引き出物、
自分で買ったものだけど結局使えなかったものは
どんなに高価なものでも、それは”死蔵品”。
活躍できないモノたちもかわいそう~

人に差し上げたり、バザーやフリマ、
リサイクル店を利用して、思い切って処分しましょう。
暮らしがすっきりするのはもちろん、
モノを処分するごとに
自分にとって必要なものを判断する目が肥えてきますよ。

【近藤流・モノの処分の3ステップ】
1.売る
2.もらっていただく
3.捨てる(「捨てる」は一番最後の手段です)

近藤典子Home&Life研究所

訪問のタイミング

アップロードファイル 17-2.jpg

訪問先の相手をお待たせするのはNGですが、
約束の時間より早めに尋ねることも、
できるだけ避けた方がいいですね。

私は駅に着いたら、まず電話をして
近くに来たことを相手にお知らせます。
それから、親しい間柄の場合、
何か買い足す物があるかどうか尋ねます。
そしてオンタイムより2~3分遅れてチャイムをならす~
これがベストだと思います。

近藤典子Home&Life研究所

朝起きたら、窓を開ける!

アップロードファイル 15-1.jpg

私は朝起きたら、まず窓を開けます。
どんなに寒い冬でも、窓を開けて
朝のすがすがしい空気を胸いっぱい吸い込みます。
気分が「シャキッ!」っとして
カラダのエンジンがかかります。

また、各家庭には、住人には気づきづらい
その家独特のニオイがあります。
よその家にお邪魔すると、玄関先でムッと感じる
あのニオイです。
毎朝窓を開けて、
前日からたまったよどんだ空気を追い出し
変わりに新鮮な朝の空気を入れて
家の中をいつも爽やかにしておきたいですね。

※「近藤典子の暮らしのアイデア100」176Pに掲載

近藤典子Home&Life研究所

ページ移動