記事一覧

ワイシャツのたたみ方

1.まず、第1、第2ボタンを留め、首周りのシワを防止する。

2.次に、利き手側にワイシャツの裾がくるよう、
 前身頃を下にして置く。

3.そして、利き手と反対の手で襟を軽くもって固定し、
 利き手で前身頃の裾中央を軽く引っ張り全体を整える。

アップロードファイル 47-1.jpg

4.たたみたい大きさにカットした厚紙を
 襟の下中央に置く。

5.型紙の幅に合わせて左右の脇を折り
 袖を重ねる。

アップロードファイル 47-2.jpg

6.両袖を折ったら型紙を抜き取る。

アップロードファイル 47-3.jpg

7.3つ折り、または4つ折にする。

アップロードファイル 47-4.jpg

8.ワイシャツを表に向け、襟の部分に
 ネックホルダーを入れてできあがり!

※ネックホルダーとは、ストッキングの中に
 Tシャツなどを詰めたものです。

アップロードファイル 47-5.jpg

近藤典子Home&Life研究所

革ジャケットたたみ方

1.前身ごろを表に向け、
ファスナータイプだったら閉め、
ボタンタイプだったらとめておきます。

アップロードファイル 46-1.jpg

2.革同士がこすれ合わないよう、
ジャケットの上にTシャツを重ねる。

アップロードファイル 46-2.jpg

3.Tシャツがずれないように気をつけながら
左袖の脇のラインから内側に折り込む。

アップロードファイル 46-3.jpg

4.右側も左側と同じように内側に折りこみ
左右の袖を重ねる。
袖が長いときは、両袖をやや下向きに折る。

アップロードファイル 46-4.jpg

5.中央で2つ折りにしたらできあがり!

アップロードファイル 46-5.jpg

近藤典子Home&Life研究所

スーツのたたみ方

1.スーツの上着を広げ、ボタンをはずします。

※立体裁断の物が多いので
わき線ではなく、
自然に重なるように前を合わせる。

アップロードファイル 45-1.jpg

2.襟の下にハンドタオルを入れ
丸めた新聞紙をストッキングに入れ
口をしばった"クッション棒”を
スーツの上着を2等分するように置きます。

アップロードファイル 45-2.jpg

3.クッション棒の下半分に、
たてに2つ折にしたパンツを
ファスナーのある側を上にして重ねます。

アップロードファイル 45-3.jpg

4.上着を前に折ります。

アップロードファイル 45-4.jpg

5.パンツを上着の上にかぶせるように折って
できあがり!

アップロードファイル 45-5.jpg

近藤典子Home&Life研究所

コートのたたみ方

1.コートを広げ、ボタンをはずします。

※ボタンをはずすのは、たたんだ時、
ボタンホールの周囲に皺が寄らないように。

アップロードファイル 44-1.jpg

2.ハンドタオルを襟の下に挟み、両袖を内側に折ります。

※襟の下のハンドタオルは、肩部分との段差をなくし
襟や肩周りの肩崩れを防ぐためです。

アップロードファイル 44-2.jpg

3.クッション棒
(丸めた新聞紙をストッキングに入れ口をしばったもの)を、
コートを3等分するように置きます。

アップロードファイル 44-3.jpg

4.コートの裾(すそ)側を上に折ります。

アップロードファイル 44-4.jpg

5.コートの襟(えり)側を下に折ってできあがり!

アップロードファイル 44-5.jpg

近藤典子Home&Life研究所

セーターのたたみ方(応用編)

1.セーターを背中に向けます

アップロードファイル 43-1.jpg

2.セーターの身ごろを内側に折り、袖を折り返します

アップロードファイル 43-2.jpg

3.左右同じように折ります

アップロードファイル 43-3.jpg

4.セーターを縦に3つ折にします

アップロードファイル 43-4.jpg

5.セーターを表側に向けてできあがり!

アップロードファイル 43-5.jpg

近藤典子Home&Life研究所