記事一覧

インテリアに大きな影響を与えるのは「床」と「壁」

アップロードファイル 152-1.jpg

部屋の中で大きな面積を占めるのが
「床」と「壁」。
そして部屋の印象は、
この床と壁で決まってしまうといっていいほど
インテリアに大きな影響を与えます。

殺風景で寂しい壁を飾ると、
空間にリズムができて部屋が華やぎますが、
賃貸で壁をいじれないときは
カーテンや床にひくラグを工夫して使いましょう。

床や壁の色を基本色とし、
アクセントに色を1つか2つ追加すると
部屋に統一感が出て
初心者の方でも素敵に見えますよ☆

近藤典子Home&Life研究所

ロウソクを長持ちさせる方法

アップロードファイル 151-1.jpg

「ロウソク」と言えば
誕生日のケーキに付けるか、非常用に置いておくか・・
昔はそんなイメージがありましたが、
今や部屋の雰囲気作りの必需品!
”明かり”として楽しむばかりでなく、
”香り”を楽しむために買い求める人が多くなり
生活に潤いを与えるアイテムとして
定着しつつあります。

しかし、せっかく買ったロウソクも、
思ったより早く減ってしまったり
いつのまにか消えてしまうようなことはありませんか?

ロウソクを長持ちさせるには、
使用する2~3時間ぐらい前に冷蔵庫に入れて
冷やしておくこと!

ロウソクを冷やすことで
減りも遅くなり、ロウもたれにくくなります。

ぜひ試してみて☆

近藤典子Home&Life研究所

壁に絵や写真を素敵に飾るコツ

アップロードファイル 150-1.jpg

外国の映画やインテリア雑誌などを見ていると
部屋の中に、写真や絵が
センスよく飾られているのを目にします。

写真や絵を上手に飾るには、
ちょっとしたコツがあります。

まず、写真などをたくさん貼りたいときは
色の氾濫で部屋が雑然と見えないよう、
大きめのコルクボードやパネルに集中して貼ります。

額縁のある絵などを飾りたいときは、
家具の色や素材にあわせた額を選んだり、
絵自体を、部屋のアクセントカラーと同じにすると、
統一感が出て素敵に見えます。

また、飾りたい絵などがたくさんあるときは
マスキングテープを水平に張ってライン代わりに使うと
すっきりとキレイに飾れますよ☆

近藤典子Home&Life研究所

炊飯器のお手入れ

アップロードファイル 149-1.jpg

毎日使うキッチンのマストアイテム”炊飯器”は
内側や蒸気口に
ごはんから出たデンプンがよくこびりつきます。

これは、炊飯器を使ったあと
あたたかいうちに
布巾でサッとふくだけでキレイになりますが、
かたくなってしまったデンプンには、
以下の方法でお手入れしましょう。

まず、蒸気口のデンプンには
竹串にペーパータオルを巻いて水に浸し、
これで汚れを柔らかくしてから
こそげとってください。

炊飯器の内側は、内釜をはずしてから
お湯で絞った布巾で拭いたあと乾拭きし、
炊飯器外側は、表面を傷つけないよう水拭きと乾拭きをします。
外側に汚れがない場合、
消毒用エタノールで拭くだけでも大丈夫です。

近藤典子Home&Life研究所

オーブントースターのお手入れ

アップロードファイル 147-1.jpg

キッチンの中で、
汚れが目立つ家電のひとつが”オーブントースター”。
パン屑などが、高温のオーブンの中で焦げ付いて
すぐに黒ずんでしまいます。
そしてこれは、見た目だけではなく
大変危険でもあります。
小まめにお手入れしてあげましょう。

まず、トレーや焼き網ははずして
台所用洗剤につけておきます。

庫内の壁についた食品のカスは、
歯ブラシなどでざっと落とし、
底フタが開けば、そこから出し、
底が開かない場合は、トースターを逆さにして落とします。

ガラス管のヒーターの汚れは、
ペーパータオルに薄めた台所用洗剤を含ませ
巻きつけてシップします。
(ガラス管が割れたら危険ですので無理にこすらないで下さい)

お湯でしぼったナイロンたわしで庫内の汚れをとったら、
そのあと布巾でお湯拭きして乾拭きし、
同様に、ガラス管のシップをとったら
こちらも布巾でお湯拭きして乾拭きします。
このとき、水分が残ったら危険ですので、
特にヒーターの両側は、充分乾拭きしてくださいね。

トースターの外側は、台所用中性洗剤で拭きますが、
汚れがひどいときは住居用洗剤で拭き、
こちらもお湯拭きと乾拭きで仕上げます。

最後に、スポンジや歯ブラシで洗ったトレーや焼き網を
庫内に設置して終了です。

近藤典子Home&Life研究所