記事一覧

食卓とイスのバランス

アップロードファイル 146-1.jpg

どんなに素敵なテーブルでも、
どんなに素敵なイスでも
どちらかが高すぎたり低すぎたりすると
使い心地が悪いばかりでなく
健康にまで影響を及ぼしかねません。
毎日使うものだからこそ、
自分のカラダに合ったものを使いたいですね。

それでは、バランスのよい食卓とイスとは
どのようなものでしょう?

まず、(必ず靴を脱いで)イスに座り
テーブルの上に手首から上を置いてみて下さい。
手首と腕がまっすぐに水平になったら
それがジャストサイズです。

手首より肘が下がればイスが低い(テーブルが高い)ことになり
手首より肘が上がればイスが高い(テーブルが低い)ことになります。

現在使っているテーブルやイスが使いづらかったら、
思い切って脚を切ってしまうというのも一つの方法です。

近藤典子Home&Life研究所

冷蔵庫の中にカビ?

アップロードファイル 143-1.jpg

冷蔵庫のような、常に低温の場所は、
カビとは無縁だと思っていませんか?

実は、マイナス10度前後でも発育する
低温を好むカビがあるんです。
この低温カビ、空気中に浮遊しているばかりでなく、
食品についていることも多いので
気づいたら冷蔵庫にしまっておいた野菜や果物にカビが・・
ということも少なくないと思います。

さて、この低温カビを予防するには、
食品の詰め込みすぎをひかえ、
定期的に冷蔵庫内を、
重曹水(1リットルの水に重曹大匙1を溶かす)か
台所用洗剤で拭き掃除するのがベスト。

もし、カビが発生してしまったら、
カビが生えた食品を処分するのはもちろん、
これ以上カビの胞子を他の食品に付着させないため
台所用塩素系漂白剤を表示どおりに薄めた液でタオルを湿らせ
冷蔵庫内を拭いて殺菌します。
その後、水拭き、からぶきをし、
さらに、消毒用エタノールでダブル殺菌すれば安心です。

ジメジメした梅雨期、
冷蔵庫の中に入れているから安心!と思ってはいけません~

近藤典子Home&Life研究所

傘についた水滴であたりを水浸しにしないちょっとした工夫

アップロードファイル 142-1.jpg

一度雨に濡れた傘は
水を切っても切っても
あたりをびしょぬれにしてしまい
どこに置いてもやっかいなもの。
傘立ての中に入れても、
今度は他の傘をぬらしてしまったりで
ほとほと困ってしまいます。

そこで、近藤流では意外なものを活用します。
それが、ガーデニングなどにも使う”レンガ”。

吸収性の高いレンガを用意し、
その上に傘を置いておくと
レンガが傘の水滴を驚くほど吸い取ってくれるんです。

お客様の傘を一時置きしておくのも
レンガがあると、あたりが水浸しにならないので、
お客様によけいな気を使わせなくてすみますね☆

近藤典子Home&Life研究所

ソファのお手入れ方法

アップロードファイル 138-1.jpg

リビングで1番よく使う家具でありながら、
意外と汚れに気づかず、お手入れを怠りがちなのが「ソファ」。

ちょっと時間があいたときに、ササッとお手入れしてみませんか?

【布製のソファ】
布製のソファはまず、清潔なブラシノズルを付けた掃除機で
全体のホコリを吸い取ります。
細かい部分は、細口ノズルを使って丁寧に吸い取ります。

次に、衣類用中性洗剤を40度前後のお湯で表示通りに薄め
その中にタオルを浸して、かたく絞ります。
絞ったタオルで、ソファの表面全体を軽くふき、
部分的に汚れが目立つところは、汚れをタオルに移すように
叩き拭きをします。
最後に、同じぐらいの温度のお湯で清め拭きをして仕上げます。

ただ、牛乳や血液などのたんぱく質の汚れは
あたたかいお湯でふくと
熱で固まって落ちにくくなるので注意が必要です。

【革製のソファ】
革製のソファは、特別なお手入れをしなくても
基本的にやわらかい布で乾拭きするだけでOKです。

ただ年に2~3回は、他の革製品と同じように
ボロ布にクリーナーをつけてソファに塗布、
もう1枚のボロ布で、ふきあげながら汚れを取ります。
そして最後に、保湿クリームを塗って仕上げれば
ソファがピカピカ、長持ちしますよ☆

近藤典子Home&Life研究所

食事の後片付けの前にワンアクション

アップロードファイル 136-1.jpg

料理も好き、食べるのももちろん好き、
だけど、油にまみれたお皿やお鍋を
これから洗わなければならないのかと思うと
楽しい食事の時間も一気に興醒め・・

しかし、これからご紹介する
”片付けの前のワンアクション”を実践していただければ、
食器洗いもグーンとラクになります☆

使う道具は、古新聞紙や牛乳パック。
新聞は8等分に切ったものを
牛乳パックは開いて短冊にカットしたものをキッチンに常備。
汚れたお皿や茶碗をシンクに戻す前に、
この新聞や牛乳パックで
食べ残しや汚れをこすって落としておきます。
すると、洗いものが断然ラクになるんです。

また、みかんや玉ねぎなどが入っているビニールネットを
2~3枚重ねて両サイドを結べば、
泡立ちのいいスポンジに変身~
使い捨てにしても惜しくないので、
汚れの激しいものを洗うときに使えます。

ぜひ試してみて!

近藤典子Home&Life研究所